消費税

消費税がかからない収入|住宅の家賃・地代・配当金・Googleアドセンス

消費税がかからない収入

令和5年(2023年)10月1日から消費税のインボイス制度が導入されます。

今まで消費税と無縁だった免税事業者も課税事業者を選択するケースが増えると思います。

ただ、そもそも消費税がかからない収入を収入源にすると、インボイス制度はどうでもよくなります。

というわけで今回は、消費税がかからない収入をまとめました。

  • 住宅の家賃
  • 地代
  • 配当金
  • Googleアドセンス

※土地や株式の売却益など臨時的な収入は省略しています。

関連>>>インボイス制度導入で法人成りの消費税の2年免税メリットが令和3年10月2日設立以降どんどんなくなる話

住宅の家賃

住宅(居住用マンション・アパート・戸建て)の家賃には消費税がかかりません(非課税売上)。

借りるのが個人か会社かは、関係ありません。

例えば法人契約してる社宅家賃収入も非課税売上です。

ただし、

  • 1か月未満の住宅の貸付け
  • ウィークリーマンション

は居住用だとしても消費税の課税対象です。

また、事務所、店舗の家賃収入は、消費税の課税対象(課税売上)です。

※平成元年(1989年)の消費税導入当初は、住宅の家賃収入も課税対象でした。しかし、住宅は人が生活する上で必要最低限のものという社会政策的な配慮から、平成3年(1991年)10月から非課税売上になりました。 つまり、住宅の家賃が例外なのです。

地代

地代(土地の賃貸収入)も消費税がかかりません(非課税売上)。

土地は使っても消費されず、消費に課税する消費税になじまないため、非課税売上です。

ただし、

  • 1か月未満の土地の貸付け
  • 駐車場など施設の利用に伴って土地が使用される場合

は、消費税の課税対象(課税売上)です。

配当金

株式の配当金消費税はかかりません(不課税取引)

消費税は、商品やサービスを購入したらお金(対価)を払うといった対価性が前提になっています。

しかし、配当金は商品やサービスの購入の対価ではなく、株主としての地位によって受け取る収入です。

そのため、配当金は消費税の対象外(不課税取引)になっています。

非課税は本来なら消費税が課税されるものを例外的に課税されないようにするのに対して、不課税そもそも消費税の課税対象にならないという点で違います。

Googleアドセンス

アフィリエイトの広告収入はふつう消費税の課税対象です。

しかし、Googleアドセンスの広告収入は消費税がかかりません(不課税取引)。

Googleアドセンスの取引の相手は、一般的にはGoogle Asia Pacific Pte. Ltd.です。

アフィリエイトの各ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダー)は日本にありますが、Googleアドセンスの運営会社はシンガポールにあります。

本利用規約において用いられる場合、(中略)「当社」または「Google」とは、Google Asia Pacific Pte. Ltd. を意味し、「当事者」とは、お客様と Google を意味します。

出典:Google「AdSense オンライン利用規約」(注)2021/09/06時点

この場合、消費税は特殊な取扱いをして、消費税の対象外になります。

なお、今後、Googleアドセンスの運営会社がGoogleの日本法人になれば、消費税の課税対象になります。

運営会社の変更は注意が必要です。

※Googleアドセンスの消費税の取扱いは、「課税対象」だと主張する方もいます。実際に消費税の申告をする際は、顧問税理士とよくご相談ください。

1,000万円を超えても納税の義務がない

消費税の納税義務(課税事業者)の判定では

基準期間(2年前/2年度前)の課税売上高が1,000万円を超えるかどうか

が重要になります。

しかし、今回ご紹介した収入は課税売上ではありません(非課税売上または不課税取引)。

<例>

  • 住宅の家賃:800万円
  • 地代:100万円
  • 配当金:100万円
  • Googleアドセンス:100万円
  • 合計:1,100万円

仮に1,000万円を超えても、課税売上高は0円です。

「消費税を払わなくていい! やったー!」

というよりも

そもそも収入には消費税が含まれていないので払うものがない

ということです。

ちなみに消費税の納税の義務がなければ、自分が支払った消費税について還付を受けることもできません。

ただ、ひとり会社の場合、大きな経費である役員報酬・社会保険料は消費税とは無関係なので、それほど大きな問題ではないように考えるところです。

最後に

今回ご紹介した収入は

  • 不動産投資
  • 株式投資
  • ブログ運営

をしていれば、手に入る現実的な収入です。

消費税はかかりませんが、利益に対して法人税(個人は所得税)がかかる点はご注意ください。