会社設立

ひとり会社の資本金はいくら必要か?少なくしすぎて失敗した話

ひとり会社の資本金

平成18年の会社法改正で資本金1円からでも会社が設立できるようになりました。

それまでは

  • 株式会社:最低1,000万円
  • 有限会社:最低300万円

の資本金が必要だったので、個人的には革命的な出来事でした。

しかし実際に1円で会社を設立するケースは少ないのではないでしょうか。

自分が知っている範囲では、小規模な会社の場合、資本金50万円~500万円あたり、特に100万円~300万円くらいが多い印象です。

ちなみに自分の会社は資本金50万円にしましたが、銀行口座開設で苦労しました。

今回は会社の資本金に関する自分の失敗談について書きました。

※「株式会社」の前提でお読みください。

資本金の最低ラインは1円

資本金の会社法上の最低ラインは1円で、上限は特にありません。

ただ、1円で会社が設立できるといっても、これは「会社設立の登記」のときの話です。

実際に会社運営をするときは1円では何もできません。

たいていは

  • 資本金を運転資金に見合った金額にする
  • 役員借入金で必要な分だけ社長からお金を借りる

ことになります。

資本金1,000万円以上で消費税がかかる。

会社法上は上限がありませんが、一般的には資本金1,000万円未満にします。

資本金1,000万円以上になると、設立した年から消費税がかかるからです。

資本金と消費税

ふつうは2年前の売上で判定しますが、会社設立のときは2年前がないので、例外的に資本金で判断します(それ以外の基準もあるので実際は複雑です)。

資本金1,000万円ジャストはキリがいいですが、税金的には不利ですね。

資本金は1円以上1,000万円未満にしましょうと言われる理由です。

ただ、ひとり会社の場合は、資本金が500万円もあれば十分かと思います。

一般的には1,000万円以上になることはないのではないでしょうか。

なお、2023年10月からはじまるインボイス制度が関係する場合は、資本金にかかわらず、消費税が関係します。

詳細は次の記事をお読みください。

関連>>>インボイス制度導入で法人成りの消費税の2年免税メリットが令和3年10月2日設立以降どんどんなくなる話

資本金1,000万円を超えると均等割が高くなる。

都道府県・市町村に払う法人住民税の均等割も資本金1,000万円を超えると7万円から18万円前後に増えます。

資本金と均等割

そのため、やはり1,000万円を超えて資本金を設定するメリットはありません。

※正確には資本金ではなく「資本金等の額」で判断しますが、ひとり会社の場合はふつう資本金と同じ金額になります。

※均等割の正確な金額は都道府県・市町村によって微妙に異なります。

資本金が少なすぎると口座開設で苦労する。

ここから失敗談です。

最初に書いたように、自分の会社は資本金50万円にしました。

ネットビジネスや経営コンサルタントで特に大きな固定費もないので、運転資金が50万円でもいけるな、と思ったからです。

ただ、これは失敗だったなと思いました。

すぐに口座開設できない銀行があったらです。

それがメガバンクとネットバンク(楽天銀行)でした(※自分の場合)。

実体がない会社を作って悪用されるのを警戒して、あまり資本金が少ないと作りにくい傾向にあります。

まあ、事業内容も微妙だった気はします。

そこでゆうちょ銀行、信用金庫、地方銀行からはじめて、取引実績ができてから他の口座も開設しました。

関連>>>ひとり会社の銀行口座をメガバンク、地方銀行、信用金庫、ゆうちょ、ネットバンクで作った感想

資本金を増やすと追加で税金がかかる。

「資本金が少ないなら、後から増やせばいいじゃないか」

というのはそのとおりですが、登記が必要なので追加で税金がかかります。

会社の設立時にも登録免許税を払いますが、株式会社の場合、資本金1,000万円未満なら一律15万円かかります。

資本金50万円でも300万円でも登録免許税は15万円です。

資本金を増やす(=増資)ときにも登記が必要で、登録免許税は最低3万円(増資金額×0.7%)を払います。

最初から資本金300万円にしておけば、余計な税金も手続きの手間もいらなかったなと思うところです。

<登録免許税>

資本金50万円⇒300万円300万円
会社設立時15万円15万円
増資時+3万円

取引先で資本金を気にするところはあるか?

最後に取引先の話です。

昔は、資本金=会社の規模を表す指標の1つでした。

最近はあまり資本金が実態を表していないので、資本金を気にしないところも増えたように思います(銀行を除けば)。

しかし、ある程度おカタい業界の会社と取引しようと思うと、資本金が一定額以上ないと門前払いになるところもあります。

この辺りは自分の行う事業や取引先企業次第ですね。

まとめ

自分の場合は銀行口座開設で苦労しましたが、なんとか開設しました。

取引先からは特に資本金について何も言われないので、今も資本金50万円のままです。

後でいろんな方に聞いてみたところ、資本金50万円~500万円あたり、特に100万円~300万円くらいが多い印象です。

自分もせめて資本金300万円、最低でも100万円くらい入れればよかったな、というのが反省点です。

関連>>>ひとり会社の銀行口座をメガバンク、地方銀行、信用金庫、ゆうちょ、ネットバンクで作った感想