投資節税

J-REITを会社に持たせて、分配金と経費を相殺して税金をゼロにする方法

J-REITの税金をゼロにする方法

J-REITは、投資家からお金を集めてオフィスビル・商業施設・物流倉庫・マンションなどを買って、その賃貸収入や売却益を還元する金融商品です。

このJ-REITの分配金、個人はふつう20.315%の税金がかかります。

一方、会社に持たせて経費と相殺すると、税金はゼロになります。

結論は以上です。

詳しい解説を知りたい方は、続きをどうぞ。

個人とJ-REITの税金

個人投資家がJ-REITを持つ場合

  • 分配金:20.315%の税金
  • 売却益:20.315%の税金

が源泉徴収されます。

20.315%の内訳は、所得税15.315%と住民税5%です。

特定口座(源泉徴収あり)で確定申告をしなければ、これで終わりです。

だから約8割が手元に残ります。

個別株の配当金と違って、J-REITの分配金には総合課税を選んでも配当控除はありません。

会社とJ-REITの税金

会社がJ-REITを持つ場合

  • 分配金:15.315%
  • 売却益:15.315%

が源泉徴収されます。

所得税15.315%だけで、住民税はかかりません。

しかし、会社は 「すべての収入」から「すべての費用」を引いて利益を出して税金を計算する ので、J-REITの分配金も収入として合算して計算します。

中小企業は、法人税・住民税・事業税合わせて、税率が

  • 約23%(所得800万円以下の部分)
  • 約33%(所得800万円超の部分)

くらいです。

<例>分配金10万円に対する税金

  • 個人:10万円×20.315%=20,315円
  • 会社:10万円×23%~33%=23,000円~33,000円

※15.315%が先に源泉徴収されているので、納税するときは差額を払います。

これでは誰が見ても個人で20.315%の税金をとられた方がマシだ、となってしまいます。

しかし、会社には個人にないメリットがあります。

会社は経費と相殺できる

会社は

「すべての収入」から「すべての費用」を引いて利益を出して税金を計算する

ところがポイントです。

これはつまり、J-REITの分配金(収入)を他の経費(費用)と相殺できるということです。

分配金部分に対する税金をゼロにできます。

(1) 固定費と相殺

例えばJ-REIT300万円で利回り4%だと、分配金は年12万円です。

会社の経費にしている携帯電話料金が月1万円、年12万円あると、相殺して利益ゼロになります。

  • 分配金12万円-通信費12万円=利益0円

分配金12万円に対して税金はかからないわけです。

個人事業主は、J-REITの分配金と通信費を相殺することはできません。

なんでもかんでも1つにまとめて計算する、法人税の特徴です。

事業をやるにあたって、固定費は少なければ少ないほど安定します。

投資による固定収入があると、稼がないといけない部分が減って、精神的にもラクになります。

(2) 家や車の維持費と相殺

私の自宅は、会社が所有しています(役員社宅)。

  • 固定資産税
  • 火災保険料
  • 地震保険料
  • 修繕費

などの維持費がかかります。

(1)の固定費と同様に、J-REITの分配金からこれらを払うようにすると、家の維持費も気にしなくて済みます。

車の

  • 自動車税
  • 自動車保険料
  • 車検代

とかでもいいですね。

(3) マイクロ法人スキーム

最近見かけるのがマイクロ法人にJ-REITを持たせるスキームです。

J-REITの分配金を役員報酬・社会保険料・税理士報酬などと相殺します。

どうやってマイクロ法人にJ-REITを持たせるのか(資本金?役員借入金?)、などいろいろ考えるところはありますが、これも経費と相殺できる会社ならではの発想です。

最後に:投資は自己責任

J-REITの税金について書いてみましたが、あくまで投資は自己責任です。

個別株の配当金に比べると、利益の9割超を分配するJ-REITの方が安定した分配金を得られる可能性はありますが、先のことは誰にもわかりません。

どのJ-REITを買うかも含めて、投資の方の勉強もしっかりしてから実行しましょう。