登記

株式会社は最長でも10年に1回、役員の変更登記が必須。忘れない仕組みを作ろう。

役員変更登記を忘れずに

今回は登記の話です。

記事タイトルで言いたいことは全部言ってますが、

役員の任期を10年にしたら、10年後に役員変更登記を忘れない仕組みを作りましょう。

10年なんて覚えているわけがないので、この記事を見たらすぐ仕組みを作ってください。

合同会社は「役員の任期がない」のでこの問題は発生しません。

※登記に関する相談は司法書士または法務局まで。

定款で役員の任期を確認しよう!

株式会社を設立するときに、定款で「役員(取締役)」の「任期」を決めます。

任期=「役員でいることができる期間」ですね。

ふつうは2年ですが、これを定款で最長10年まで伸ばせます。

自分の会社の定款を確認してみましょう。

私の会社の定款には

第*条(取締役の任期)

取締役の任期は、選任後10年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結の時までとする。

と書いてあります。

役員の任期が終わると登記が必要!

役員の任期が終わると法務局に役員変更登記をします。

「同じ人」が続けて役員をやる場合でも、役員変更登記が必要です(「重任」の登記)。

10年間で

  • 任期2年⇒5回
  • 任期10年⇒1回

と登記の回数も全然違います。

どうせ同じ人が役員をやるんだから、回数が少ない方がいいですよね。

登録免許税だけでも、ふつう1万円かかります。

  • 任期2年の場合⇒5万円(=1万円×5回)
  • 任期10年の場合⇒1万円

もし司法書士に登記を頼む場合は、さらに1回あたり費用がかかります。

どうせ同じ人が役員をやるんだから、安い方がいいですよね。

ひとり会社の場合、役員の任期を10年にしている方が多いと思います。

問題は1つです。

10年後に覚えてるわけがない。

これですね。

もうこれだけです。

昨日の昼ごはんのことすら忘れているのに、役員の登記のことなんて覚えているわけがないのです。

登記を忘れるとどうなるのか?

役員の変更登記を放置すると

  • 罰金がかかる
  • 最悪、勝手に法務局が解散登記(12年登記しない場合)

といったことが起こります。

罰金は数万円で、内容や放置していた期間によってケースバイケースです。

しかも会社負担ではなく個人負担です。

ある日、裁判所から個人宛で

「会社法違反事件により、過料〇万円に処す。」

とか物騒(ぶっそう)なお知らせが届いてびっくりします。

昔、ある会社が役員変更登記を忘れていて、社長の自宅に裁判所からお知らせが届きました。

運悪く(!)、社長の奥様がそれを開封して

「アンタ、何したの!」

と夫婦ゲンカになったのを見たことがあります。。。

忘れる前提で仕組みを作ろう

・・・だからといって役員の任期を2年にするのも違うよなあ、ということで

役員の任期を10年にしたら、10年後に役員変更登記を忘れない仕組みを作りましょう。

仕組みが大事です。

✖:自分の頭で記憶する忘れる

◎:仕組みに覚えておいてもらう

自分の記憶が1番信用できません(しかも10年とかムリ)。

なお、会社設立を司法書士に依頼した場合、

「設立登記のときにはお世話になりました。役員の任期満了のため登記が必要です。つきましては・・・」

と親切に教えてくれる先生もいます(営業)。

税理士の中には、

「任期がくるので登記が必要ですよ。知り合いの司法書士の先生をご紹介しましょうか」

と親切に教えてくれる先生もいます(司法書士への紹介料ゲットだぜ)。

ただ、残念ながら他人が管理してくれないなら、自分で管理するしかありません。

自分で管理するなら、例えばGoogleカレンダーに10年後の決算日あたりに予定を入れておくのも1つです(10年後もあると信じるなら)。

私はアナログなので、毎年の決算書・申告書をとじるファイルに紙を1枚はさんでいます。

そこに「令和8年(2026年)7月の定時株主総会後に役員変更登記」とメモしてます。

これを毎年、決算が終わるたびに新しいファイルに繰り越すだけです。

難しくないですね。

登記は自分で法務局に行って相談しながらやることもできるし、司法書士に丸投げでもいいでしょう。

私は別の法人で3回、役員変更登記を自分でしたことがありますが、特に難しくないかなと思うところです。

いずれにしても、大事なことは「いつ登記をするのか」を忘れないことです。

それだけです。

10年後のカウント方法に注意

ここまで「10年後」と言ってきましたが、正確には

「選任後10年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結の時まで」

です。

繰り返しになりますが、自分の会社の定款の表現がどうなっているか、ご確認ください。

原則どおり「2年」になっている場合もありますからね。

1期目を中途半端な時期から始めると、10年未満で期限がきます。

私の会社も最初の1期目が平成29年(2017年)2月22日~5月31日の1年未満で中途半端でした。

https://twitter.com/kuroneblog/status/1363504060326768640?s=20

計算できるツールがあるので利用してみます。

※ツールの利用は自己責任でお願いします。

<参考>

汐留パートナーズ司法書士法人「株式会社の取締役 任期計算フォーム」

https://shiodome.co.jp/js/term-1

私の会社の場合は、令和8年(2026年)7月頃までとなりました。

※定款ではふつう、事業年度終了から3か月以内(自分の会社だと5月決算なので8月末まで)に定時株主総会を行うとなっています。しかし、法人税の申告は事業年度終了から2か月以内(自分の会社だと7月末まで)に行い、その前に定時株主総会を行うため、このツールでは「7月頃」としていると思われます。

会社を10年続けるってすごい

自分の会社は10年のうち折り返しあたりですが

会社を10年存続させるだけでも大変だよなあ

と思う今日この頃です。

10年経って登記をするときは

「10年も会社を続けて、えらい!」

と自分をほめてあげようと思います。

たぶん、誰もほめてくれないと思うので・・・